☆ミディアムよりロックがいい☆

一生懸命の人を見ると、ひときわ輝く存在感がある。

どんな分野でも。

その存在感の正体は、一生懸命のオーラなんかな。

人として張るのもミディアムで。

恥ずかしいもあまり見せないでミディアムで。

っていうのは、つまらないなーと思うのです。

見た目だけがイケてる、とか、異性にモテるとか、立ち振る舞いがスマートとか。

そんなんじゃなくて。

自分の現状の型にはまらない、変化を恐れず、前進しようとしている人は素直にかっこいい。

より表現者的に言うなら、一種の「狂気」を感じる人間、横文字なら「ロック」な人間☆

一生懸命とか、カッコ悪いが本当は素敵で。

カッコ悪いを命取りのように思ってしまう強迫観念。

カッコ悪いことや、恥ずかしいこと、もし誰かから嫌われるようなことがあっても、

大切なことや、大切な人の為ならできるのよ、きっと。

大事なのは、思いっきり夢中になれるものがあるか、とか、触発されたことがあるかとか。

本気な気持ちで走った結果、

黙ってたとしても、歳いったとしても、かっこいいドアを何枚も何枚も開けてるに違いない、と思うのです。

これからも、もちろんカッコ悪いことは進んで受け入れようと思う。

一生懸命や、カッコ悪いことを進んでしている人を、私は素直にかっこいいと思うから。

私の周りにはそんな人な目標がたくさんいる。ありがたい。

私がかっこいいなーと思う人に、

「もっとスパークしろよ!しずか!!」と言われたちょっと前。

しびれた。

今週末、娘の淡路島バスケ合宿に同行した私。

 

娘は私の中でかっこいい人の一人。

彼女はこの度の練習試合、肘鉄食らって鼻血ブー。鼻セン刺して即カムバック!!

お嬢様育ちのばぁばぁは、冷や冷やしてたっけ(笑)